米づくり日記

青々として

2013-07-01 15:44:00

サンプル画像

青々とした水田が風に揺れています。株と株が互いの生長を支え合いながら、どんな強風に倒れることもなく、しなやかに美しく。

バックに見えるのは、観農墓地と牟礼山(通称=峰の山)。甑島の神様が住む山です。そんな土地柄、​​毎朝のお墓参りの途中に観察されていますので、草が生えてきたらすぐに情報がはいります(笑)​​

サンプル画像

冬の間に土にすき込んでおいたワラが均一にすき込まれていなかったせいか、窒素分が多いところだけ稲が長いような気がします。

それから、ここの圃場は近くに大きなあこうの木があります。この木は、年に数回落葉するために、何十年もの間何度も何度も落ち続け、天然の豊かな土壌環境が作られています。​​お米の粒も大きいような気がします。​​

徐々に色づく水田がとっても誇らしく思えました。​​

« ドンのした

| 青々として |

草の収穫 »

米づくり日記

もっと見る


このページの先頭へ