米づくり日記

牛堆肥投入の日々

2012-06-04 15:06:00

サンプル画像

梅雨入り前に続々と田んぼを耕しています。

耕す前に、本土から取り寄せた完熟堆肥などの肥料を圃場に播いてからトラクターで土にすきこんでいきます。沢山の量を入れすぎると、稲が生長したときに倒れやすくなります。また、完熟していない牛堆肥を使用するとアンモニアが根を痛めてしまいます。

サンプル画像

ちなみに、写真の牛堆肥が若干濡れているのは前日の雨によるものです。さらさらの完熟堆肥で、問題ありませんので御心配なく!

この日は、​​圃場に入れるトラック不在のため、せっせと手作業でおよそ500kgの堆肥を・・・何度も何度も・・・手で・・・横路さんがお手伝いにきてくれて助かりました。

​昨年は、祖父の足腰が良くなかったこともあり、2トンもの肥料を一人で運んだことが​​​​​​あったことを思い出します。最近、会う人会う人にマッチョになったな〜!といわれますが・・・機械のない小規模農家はマッチョにならざる終えません(笑)

​​もうすぐしたら収穫の時期。米俵を​​担ぐ日々がやってきます。
​さぁ、いったいどこまでマッチョになるのでしょうか。

« 田植え間近

| 牛堆肥投入の日々 |

油田を希望? »

米づくり日記

もっと見る


このページの先頭へ