米づくり日記

田圃の代かき

2012-03-29 09:50:00

サンプル画像

苗も伸びて来たところで、田圃の代掻き(しろかき)です。代かきは、田圃の土塊を砕いて田植えがしやすいようにトラクターや耕運機等をもちいて土の表面を平らにしていく作業のことです。ちなみに写真の圃場はさらに代掻きが必要です。

今年は、約30aの圃場を増やすことになりました。高齢のために耕作​​​をやめる方から引き継いだり、農地の集約のために交換したり、状況は様々です。​

今後もこんなふうに年々増加して行くことが考えられますが、今の機械のレベルや人手、技術ではこれ以上増やして行くのは難しいかもしれません。次の手だてを今から考える必要がありそうです。さらに耕作放棄地の解消や現状の保全に手を付けたいところですが、ここはぐっとこらえて今の圃場を上手に活用していくことをまずは考えて行こうかなと思案中です。​​​​

« のびのびと

| 田圃の代かき |

もっちもち島米パン »

米づくり日記

もっと見る


このページの先頭へ