米づくり日記

ウーカゼ

2011-08-05 20:53:00

サンプル画像

甑島の太陽と島風で天日干ししている島米Shimagomeですが、島風はたまに私たちを迷わせます(笑)ときには、こころを軽々と折ってゆくのです。

甑島の太陽にこだわるって大変です。

刈ったばかりの稲をかけ終えた翌日、夜中のウーカゼ(大風)でいとも簡単に倒されてしまいました。あさから、何度もかけ直しです。かけてる最中から倒れます。​

サンプル画像

しかし、この日は強力なスタッフたちがきてくれました。

鹿児島大学の大学院生、りくま。
鹿児島国際大学の准教授であるジェフリー・S・アイリッシュ。
甑島出身の高校生、まさし。その他、大勢の親族たち。

​​​​​これが農業のもつモヤイ(集まること)の精神、地域コミュニティーのチカラではないだろうかと思うのでした。誰にでもできるのが農業で、誰にでもはできないのも農業。矛盾しているようだけれど、大切な何かを思い出させてくれる気がした一日でした。​​

米づくり日記

もっと見る


このページの先頭へ